*

SNS×Eコマースの課題は活用以前の問題:ECのSNS活用の実体【1】

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 ECノウハウ・実例


sns×Eコマース

加熱しすぎるECのSNS活用。

WEBプロモーションにおいて欠かせなくなったSNSの活用。特にファッションや直販チャネルを持たないブランド商材では非常に活発です。その流れは、ECにもおよび「SNS×Eコマース」は注目のキーワードになっています。直近ではInstagram(インスタグラム)での広告解禁、Twitter(ツイッター)のBuyボタンのEC連動など注目トピックスがでてきているため、さらにECとSNSの連動は加速するでしょう。ただし、この盛り上がりは「加熱しすぎている状況」と私は捉えています。うまく活用するために、クリアすべき課題や注意点をご紹介します。

 

ECにおけるSNS活用の課題・注意点

snsshopping

個人だけでなく、企業やブランドの情報もSNSから情報収集するのが一般的になる中で、私自身、EC担当として集客メディアが増えるのは非常に喜ばしいことです。一方EC事業を進める上で重要なメソッドの1つは、バズワードに踊らされないこと。SNSでも本質を見極めて、自社なりの使い方をしていく必要があります。

 

SNS活用が加熱する背景

背景

ここ最近のSNS活用が活発になってきた背景には、3つの動きがあるからだと考えています。

1.ユーザーがSNS上で情報収集し、SNS経由でEC購入を始めている
2.ファッション事業者のプロモーション手段が、マス媒体からWEBやSNSへシフトせざる得なくなってきている
3.SNS運営事業者の広告収入を拡大させたい変化

ユーザーの行動やインサイトが変わってきたことにより、SNS運営事業者や、ファッションブランド側も変化をしてきています。ECやブランドとしてうまくSNSを活用するということは、自社のビジネスにとっても、ユーザーやSNS運営事業者とっても良いということです。ということは、SNSを使わない手はないのは間違いありません。

ちなみに、3の動きは非常に活発と言えます。特に、最近の注目はInstagramで今後の成果に期待ですが、同時にFacebook化する懸念もあります。現在のFacebookは、企業ページ(Facebookページ)によるオーガニックな投稿はニュースフィードに表示されづらいロジックとなり、広告出稿を促すような仕組みになっています。あくまでも予測ですが、Facebook傘下にあるInstagramもその軌跡をたどる可能性があります。現時点で、全企業には広告管理画面が解放されていませんが、10~20代がメインターゲットであれば、早めに試してここ1~2年で実績を積み上げた方がよいと思われます。

<参考>ついにInstagram広告が日本企業に全面解禁!知っておきたい広告タイプまとめ | SMMLab

 

SNS×Eコマースの課題は、活用以前の問題がほとんど

考える

「SNSを使わない手はない」ということは多くのブランド・企業が理解をしており、実際にSNSを運用しています。しかしながら、代表事例として名前が挙がるブランドは、他の施策でもメディアに取り上げられるユニクロや北欧、暮らしの道具店など、一部の企業に限られています。

<参考>Web担当者のInstagram(インスタグラム)を活用している企業事例20選|ferret
<参考>3つの運用方法別に学ぶ、Instagramを効果的に活用している企業事例6選 | Social Media Data Bas

すなわち多くの企業は、SNSを使っているものの、うまく成果があがっていないというのが現状でしょう。毎日更新はしているものの効果はは出ない、そこに足りないのはPDCAです。さらに、PDCAを構築する以前に大事なのは、ツールやメディアの特性、すなわちSNSの本質を十分理解することです。この本質により、成果の評価やKPIも変わってきます。

私もこれまで数社から相談をいただいたことはありますが、うまく成果がでていない企業は、更新が作業になっていて、根幹にある本質の理解ができていないというケースがほとんどです。

 

SNS活用の前に忘れてはならないこと

directory

忘れてはならないこと。それは、ECにおいてSNSは1かたまりの流入経路でしかないこと。SNSにとらわれず、現時点で自社のEC売上に貢献している流入経路を改善するのが売上アップの近道です。

その上で、SNS広告を活用すれば短期的なSNS経由の集客ができ、社内のノウハウが貯まります。また、併行してオーガニックな運用でファンとコミュニケーションをとりながら時間をかけて信頼をつくることなしに、SNS本来の効果がでてこないでしょう。次回はこの部分をより掘り下げて、「SNSでできること、SNSの本質」についてご紹介します。

 

ISSUE【SNS×Eコマースの課題は?】 10月1日からInstagramの広告の一般運用が開始されました。商業的な利用から距離を置いてきたInstagramにおいて大きなターニングポイントになることは間違いないでしょう。…

Posted by The FLAG on 2015年10月2日

 

▼他の関連記事はコチラ

SNSの本質を忘れてない?:ECのSNS活用の実体【2】

LINE@オープン化の6つの留意点:登録・申請方法と運用

LINE@を導入できない4つの理由:できない理由をくつがえせ

LINE@とFacebookの違いとは:LINE@導入前に知るべきポイント

 

▼ソーシャルメディアでブログ更新情報配信中

TKzoe.com facebook >
TKzoe.com LINE@ >
Twitter >


The following two tabs change content below.
川添 隆

川添 隆

デジタル・コマースグループ ジェネラルマネジャー株式会社メガネスーパー
【デジタルハリウッドオンライン講師、文化服装学院 非常勤講師、LINE大使(自称)】 ≫ECzine連載中  現在、メガネスーパーのEC事業、オムニチャネル推進、デジタルマーケティング・コミュニケーション、デジタルを活用した店舗支援を統括。これまではファッション・アパレルに従事し、現職含め2社にわたりEC事業の売上を短期間で約2倍にしてきました。 ≫ プロフィール詳細・お問い合わせはコチラ

関連記事

WEB接客ツール

各ウェブ接客ツールの違い:WEB接客とは【1】

 ECトレンドのWEB接客 ここ最近、「ウェブ接客ツールを導入しようと考えてるけど、どれにした

記事を読む

実店舗

主流となった先行予約とは?:役割が変わり始めたファッションEC先行予約【1】

ファッションECで主流となった「先行予約」。 先日、ある方から「アパレルブランドのEC

記事を読む

ec-seminar-sn

EC事業の人材育成について語る。といっても、この領域は日々学ぶしかないですよね。

初めて、人材育成というネタでお話しをする機会をいただきました。 2016年9月29日に

記事を読む

flipdesk_ve

分析ってどこまでやるの?森で迷子にならないためには。

乱暴に言うと、ECにおける分析は判断・評価が下せるレベルで十分。私はそう思います。 先

記事を読む

POS・基幹システム

POS・基幹システムの3つの問題点:システム見直し3つのトレンド【2】

ECの注目で求められるシステムの見直し。 2015年3月にに、ECzine Day 2

記事を読む

ec-package

ECパッケージがイイって本当?:ECカートシステムの選び方【3】

パッケージシステムがイイって本当? 前回は、ASPからオープンソースまでのメリット・デメリ

記事を読む

moving

EC在庫を獲得するためには、EC部門が自ら動け!

在庫を獲得するためにはEC部門が自ら動く、これにつきる。待ってて在庫がもらえるなら、それは恵まれまく

記事を読む

ショッピング

在庫確保→MD戦略へ:役割が変わり始めたファッションEC先行予約【2】

単純な「先行予約」の時代は終わりつつある。 先日、ある方から「アパレルブランドのECで

記事を読む

why

わからないなら直接聞く!アンケートって本当に大事よ。

EC以外でも通用するけど、アンケートって本当に大事にしています。 私がECをやっていて

記事を読む

beams

ビームスというブランドも、マーケター個人も「個人の発信」を強化。次はあなたの番!

最近、私の中で最もホットなツールは「ブログ」。いよいよ、メガネスーパーでもブログをスタートしました。

記事を読む

  • プロフィール
    ■株式会社メガネスーパー
    デジタル・コマースグループ ジェネラルマネジャー
    ■デジタルハリウッド オンライン講師
    ■文化服装学院 非常勤講師
    ■LINE大使(自称)
    ECzine連載中 
    これまで2社にわたりEC事業の売上を短期間で約2倍にしてきました。
    ≫ プロフィール詳細・お問い合わせはコチラ

    FOLLOWTwitter Facebook instagram
    PAGE TOP ↑