*

各ウェブ接客ツールの違い:WEB接客とは【1】

公開日: : 最終更新日:2017/08/26 ECノウハウ・実例


WEB接客ツール ECトレンドのWEB接客

ここ最近、「ウェブ接客ツールを導入しようと考えてるけど、どれにしたらよいですか?それぞれどんな違いがあるんですか?」という相談をもらいます。

一見同じようなサービスでも、情報を深掘りしたり、使ってみたりすると違いがわかってきます。今回はWEB接客ツールについて解説します。

 

WEB接客サービス・ツールとは

Flipdesk

Flipdesk

Flipdesk、KARTE、Zen Clerk、Ve Interactiveのようにサイト上のユーザー行動に応じて、情報を表示することができるサービスが、ここ1年ほどで登場し、注目を集めるとともに、ECサイトでの活用が急速的に進んでいます。メガネスーパーでも導入をしています。

これらのサービスは、総称して「WEB接客サービス」「WEB接客ツール」と呼ばれていますが、これら4つのサービスは同類ではありません。

 

各WEB接客サービス・ツールの特徴

サービスの特徴

共通するのは、サイトへの流入経路やサイト上の行動に応じて、ユーザーをセグメントして任意の情報を表示できることです。

それぞれのサービスの特徴で見ると3つに分けることができます。

1.いわゆるWEB接客ツール

 Flipdesk(フリップデスク)  、 KARTE(カルテ)

2.クーポンによる後押し販促ツール

 Zen Clerk(ゼンクラーク)

3.離脱前後の販促ツール

 Ve Interactive(ヴィーインタラクティブ)

 

さらに、運用や料金体系を踏まえると下記のように表せます。※2015年8月13日時点

サービス名称 誰が運用? 運用方法 料金体系 導入の難易度 セグメント配信 特 徴
Flipdesk 利用企業側
※運用サポート有
任意の運用 PV従量課金 ・シンプルなUI
・チャット機能
・外部連携
KARTE 利用企業側
※運用サポート有
任意の運用 接客従量課金
+固定費
・リアルタイム
会員分析
・外部連携
Zen Clerk サービス提供側 ロジックによる
自動運用
完全成果報酬 ・購入意欲の分析
・常にABテスト
Ve Interactive サービス提供側 ロジックによる
自動運用
完全成果報酬 ・複数機能有
・離脱者メール追跡

それでは、どれを使うべきか?これは、どれくらいのコストを使って、何をどのように実現したいかによって選択が必要です。

これに関しては次回解説いたします。

 

▼他の関連記事はコチラ

ウェブ接客ツール導入の4つのポイント:WEB接客とは【2】

ウェブ接客の本質はPARCOにあり:WEB接客とは【3】

 

▼NewsPicksで情報配信中
NewsPicksプロフィール >

▼ソーシャルメディアでブログ更新情報配信中
友だち追加数
Twitter  Facebook  instagram


The following two tabs change content below.
川添 隆

川添 隆

デジタル・コマースグループ ジェネラルマネジャー株式会社メガネスーパー
NewsPicksプロピッカー、デジタルハリウッドオンライン講師、文化服装学院 非常勤講師、日経デジタルマーケティング連載、ECzine連載、LINE大使(自称) ||| メガネスーパーのEC事業、オムニチャネル推進、デジタルマーケティング・コミュニケーション、デジタルを活用した店舗支援を統括し、他社のEC・オムニチャネルのコンサルティングにも従事。これまではファッション・アパレルに従事し、現職含め2社にわたりEC事業の売上を短期間で約2~3倍にしてきました。 ≫ プロフィール詳細・お問い合わせはコチラ

関連記事

sns

SNS×Eコマースの課題は活用以前の問題:ECのSNS活用の実体【1】

加熱しすぎるECのSNS活用。 WEBプロモーションにおいて欠かせなくなったSNSの活

記事を読む

adtechtokyo2016

グロースハックでどこまで顧客をつかめるか?アドテック東京2016でオフレコトーク。

グロースハックでどこまで顧客をつかめるか?アドテック東京2016でぶっちゃけ合う。 アドテック

記事を読む

Scratch-development

小売でECスクラッチ開発を選択する必要なし!?:ECカートシステムの選び方【5】

そのEC、スクラッチの必要ある!? 前回は、大型パッケージシステムのメリット・デメリットを

記事を読む

POS・基幹システム

POS・基幹システムの3つの問題点:システム見直し3つのトレンド【2】

ECの注目で求められるシステムの見直し。 2015年3月にに、ECzine Day 2

記事を読む

citera

老舗アパレルによるアッパレなEC展開。無戦略なECブランドと異なるCITERAの戦略。

ECzineの「金子洋平のおしゃれEC通信」で読み応えのある記事を発見。 <参考>老舗アパレル

記事を読む

ec-package

ECパッケージがイイって本当?:ECカートシステムの選び方【3】

パッケージシステムがイイって本当? 前回は、ASPからオープンソースまでのメリット・デメリ

記事を読む

ec-package2

大型ECパッケージの違いって何?:ECカートシステムの選び方【4】

金額以外に何が違うのか? 前回は、パッケージシステムのメリット・デメリットを比較しました。

記事を読む

adtechtokyo2017_02

ドラえもんに接客される日が来る!?“オンライン接客”の裏側:アドテック東京2017 WEB接客(前半)

全員が小売事業者で、スピーカーは全てファッションに関わるメンバーで迎えたB-7セッションを、余すとこ

記事を読む

beams

ビームスというブランドも、マーケター個人も「個人の発信」を強化。次はあなたの番!

最近、私の中で最もホットなツールは「ブログ」。いよいよ、メガネスーパーでもブログをスタートしました。

記事を読む

ec_asp

EC担当目線のASPとオープンソースの比較:ECカートシステムの選び方【2】

ASPやオープンソースってよく聞くけど・・・ 前回は、自社の企業がどんな意向で、どこを

記事を読む

    PAGE TOP ↑