*

EC成長に必要な3つの条件:WEB売上アップの決め手はEC部門の人材【連載2/4】

公開日: : 最終更新日:2015/03/16 EC・ビジネスメソッド


EC事業の成長02

急成長するEC事業には「共通する人材」がいる。

前回に引き続き、「EC事業の成長に必要な3つの条件」をご紹介します。

今回は1つ目の条件「実店舗、WEBマーケティング、EC、システムの特性を理解したEC部門の人材がいる」を解説いたします。

EC業界において、絶対的に不足しているのがこの人材です。

 

実店舗、WEBマーケティング、EC、システムの特性を理解したEC部門の人材がいる

ECマネージャー

「実店舗=小売」「WEB」「EC」「システム」という、それぞれ異なる4つの特性を実感的に捉えて考えられる人こそが、「実店舗ありきのEC」では求められています。特にWEBマーケティングとECは近いのでは?と思われるかもしれませんが、この4つはどういう特性があるかを「売り手の側面」で簡単にご説明します。

 

実店舗

【実店舗=小売の特性】

■店舗自体も含め、販売するための商品陳列、在庫管理などは全て「目の前にある現物」である

■基本的に対面販売なので、ユーザーの反応をダイレクトに感じる

■セルフ販売でなければ接客を通して販売する為、スタッフのスキル・モチベーションが売上に影響する

■ファッションビル、百貨店(館:やかた)などに出店している場合、集客は館に依存し、入店はフロアを回遊するユーザーに依存する

■館側は、施設内の全てのユーザーを「館のお客様」と捉えているため、出店企業による独自の販促や顧客リスト獲得をコントロール(抑制)しようとする

 

webmarketing

【WEBマーケティングの特性】

■インプレッション、クリック、購入などユーザーのアクションが数字として残る

■広告(アドテク)やレコメンドなど、用途や目的によってありとあらゆる無数のサービスが存在する(選択肢が多い)

■集客手段に関しては、費用を増やせば簡単にコントロールできてしまう

 

ec

【ECの特性(物販を想定)】

■集客・注文・発送・配達・カスタマーサポートなど、業務工程が非常に多く、それに関わる関係者が多い

■WEB上のサービスだが、あくまでも「物販」なので売上・利益を獲得できないと意味がない

■商品力やブランド力が、集客や売上に大きく影響する

■能動的な問合せや意見がもらえない限りは、ユーザーのインサイト(消費者心理)は把握しずらい

 

EC事業の成長02

【システムの特性(ECを中心に想定)】

■業務フローの改善やデータの統合、外部WEBサービスの利用の度に、タグの設置や連携のための改修が必要

■ECカートシステムを中心として見ると、基幹システム、物流管理システム(WMS)、ポイントシステムなどの社内関連のシステムもあれば、メルマガやレコメンドなど外部サービスのシステムなど、登場するシステムの数が多い

■開発・改修は、工数の確認からそれに携わる人×時間で金額が決まる

■人のスキルによって時間、すなわち金額が変動する

 

ここまでカバーする必要があります。ただし、1人が全てをカバーするのは難しいため、複数のメンバーが得意な領域をおさえておくというのもありでしょう。ポイントは、4つの特性を横断的に捉えて、ECにおける戦略や施策を考えていくということです。

例えば、ありがちなパターンとしては、WEBの特性ばかりに囚われすぎて、「ECの売上アップはWEBマーケティング解決できる!」という考えに陥る場合があります。そもそも取り扱う商品の商品力やブランド力の方が、売上に対する影響力が強いので、商品を改善したり、ブランド自体のPRを強めることの方が近道であることが多いです。

他のパターンとしては、EC×WEBの特性ばかりに囚われすぎて、「ECの売上アップのために、WEB上で新規ユーザーを獲得する!」という考えに陥る場合もあります。もし、実店舗があるのであれば、実店舗で買い逃したユーザーにECを利用してもらうほうが圧倒的に集客効率が良いです。

次回は、2つ目の条件「EC事業の可能性と強みを理解している経営者がいる」をご紹介します。

 

▼連載の他の記事はコチラ▼

EC成長に必要な3つの条件:EC売上2倍以上は可能【連載1/4】

EC成長に必要な3つの条件:EC事業は経営判断【連載3/4】

EC成長に必要な3つの条件:売上アップにはブランド責任者と連携せよ【連載4/4】

 

【告知】2月12日よりeczineで連載スタート!

「実店舗ありきのEC事業」は何でもやんなきゃダメ | ECzine


The following two tabs change content below.
川添 隆

川添 隆

デジタル・コマースグループ ジェネラルマネジャー株式会社メガネスーパー
【デジタルハリウッドオンライン講師、文化服装学院 非常勤講師、LINE大使(自称)】 ≫ECzine連載中  現在、メガネスーパーのEC事業、オムニチャネル推進、デジタルマーケティング・コミュニケーション、デジタルを活用した店舗支援を統括。これまではファッション・アパレルに従事し、現職含め2社にわたりEC事業の売上を短期間で約2倍にしてきました。 ≫ プロフィール詳細・お問い合わせはコチラ

関連記事

GROWTH03

EC成長に必要な3つの条件:EC事業は経営判断【連載3/4】

EC急成長の企業には「理解と決断力のある経営者」がいる。 前回に引き続き、「EC事業の

記事を読む

sakamotoryoma

ECの成長は「行動」に尽きる:清濁併せ呑めるか?

EC事業は正論では通用しない!行動あるのみ。 本ブログでご紹介した「EC成長に必要な3

記事を読む

ec-assess

事業の危険度を見極める1つの方法:ECから全社の状況をチェック

ECの成長率、EC化率に満足するのは危険。 昨今、ECが1つのビジネストレンドになって

記事を読む

adtech_sn3

アドテック東京2015レポート:EC業界トッププレイヤーのキーワードとは!?【2】

EC担当視点でのアドテック 前回ばかり主にデジタルマーケティングの本質的なキーワードを

記事を読む

referee

ゾエは、こうやって周りのルールを変えていく。

ルールが変わるのを待つ側か、ルールを変える側になるか。どっちにいきたいか。どちらでいたいか。

記事を読む

adtech_sm3

アドテック東京2015レポート:情報収集だけでなく行動すべし【3】

アドテック東京2016行きますか? 初回は主にデジタルマーケティング、前回は主にECの

記事を読む

eczine_fujiwara

永続的にビジネスを成長させるには、改善だけでなく、適度に革新が必要!

最近の頭の中でのキーワード。対談の時にふと頭に浮かんだことがきっかけ。 <引用>右ガシ

記事を読む

GROWTH01

EC成長に必要な3つの条件:売上2倍以上のアップは可能【連載1/4】

急成長するEC事業には「共通する理由」がある。 2013年度の国内B2CのEC市場規模

記事を読む

adtechtokyo_s

アドテック東京2015レポート:デジタルマーケティングの本質的キーワードが続出!【1】

初参加・初登壇のレポート 今回、「アドテック東京2015」の公式スピーカーとして参加さ

記事を読む

EC事業の成長

EC成長に必要な3つの条件:売上アップにはブランド責任者と連携せよ【連載4/4】

EC急成長の企業には「理解と決断力のある経営者」がいる。 前回に引き続き、「EC事業の

記事を読む

  • プロフィール
    ■株式会社メガネスーパー
    デジタル・コマースグループ ジェネラルマネジャー
    ■デジタルハリウッド オンライン講師
    ■文化服装学院 非常勤講師
    ■LINE大使(自称)
    ECzine連載中 
    これまで2社にわたりEC事業の売上を短期間で約2倍にしてきました。
    ≫ プロフィール詳細・お問い合わせはコチラ

    FOLLOWTwitter Facebook instagram
    PAGE TOP ↑