*

EC成長に必要な3つの条件:売上アップにはブランド責任者と連携せよ【連載4/4】

公開日: : 最終更新日:2015/03/15 EC・ビジネスメソッド


EC事業の成長

EC急成長の企業には「理解と決断力のある経営者」がいる。

前回に引き続き、「EC事業の成長に必要な3つの条件」をご紹介します。

今回は3つ目の条件「ECでのカニバリを恐れず、うまく取り込むブランド(本体事業)部門長がいる」を解説いたします。

なかなかブランドや本体事業との連携が取れない、まだまだカニバリを気にするというのはよく耳にする話です。

 

ECでのカニバリを恐れず、うまく取り込むブランド(本体事業)部門長がいる

ブランド責任者

「実店舗ありきのEC」というのは、商品力・仕入・PR・物流など売上に影響力がある部分をブランド(本体事業)に依存をしています。

仮に、経営者を巻き込めたとしても、ブランドと商品を握っている事業部の協力がないとECの成長は加速しません。敵に回すとECで販売する商品すら手配できない状態すらありえます。

実店舗での前年比が100%を超えること自体が難しい昨今において、徐々にECに協力的なブランドの部門長は増えてきていると感じています。

「ブランド側からECやSNSを含めたWEBの展開を相談された」という話も耳にすることが多くなってきました。

 

もし、部門長が理解してくれていない場合はどう巻き込んでいけばよいでしょうか。

基本的に経営者への対応と同じです。結果を出し続け、それをブランドの部門長や各担当者が理解できる言葉で都度都度報告をするということに尽きます。

それに加えて、実店舗の顧客またはECの顧客に、双方の利用の実態を聞いてブランド側にフィードバックすることブランド側が行っているWEB関連の業務を巻き取るというような業務上のサポートをすることが効果的でしょう。

EC部門は、「EC=WEBに詳しい」という周りの認識により、ECだけでなくWEBのプロモーションやコーポレートサイトでの企業PRや採用の部分までほぼ全社に関わることが多いです。それを逆手にとって、少しずつコチラから貸しをつくることで言い分を聞いてもらうというのも1つの手です。

数値や業務面以外の部分では、いわゆる「飲みニケーション」も大事です。特にアパレルや小売りは体育会系で、飲みが大事なコミュニケーションの場になっていて、そこで信用を勝ち取るというケースもあります。

 

これらは、私自身も実際にこれらをやってきましたし、現在もやっています。

経営者以上に、巻き込むのが難しい側面がありますが、EC売上アップには避けて通れないと認識をして行動をする必要があります。

 

▼連載の他の記事はコチラ▼

EC成長に必要な3つの条件:EC売上2倍以上は可能【連載1/4】

EC成長に必要な3つの条件:横断的に理解できるEC部門の人材【連載2/4】

EC成長に必要な3つの条件:EC事業は経営判断【連載3/4】

 

【告知】2月12日よりeczineで連載スタート!

「実店舗ありきのEC事業」は何でもやんなきゃダメ | ECzine


The following two tabs change content below.
川添 隆

川添 隆

デジタル・コマースグループ ジェネラルマネジャー株式会社メガネスーパー
【デジタルハリウッドオンライン講師、文化服装学院 非常勤講師、LINE大使(自称)】 ≫ECzine連載中  現在、メガネスーパーのEC事業、オムニチャネル推進、デジタルマーケティング・コミュニケーション、デジタルを活用した店舗支援を統括。これまではファッション・アパレルに従事し、現職含め2社にわたりEC事業の売上を短期間で約2倍にしてきました。 ≫ プロフィール詳細・お問い合わせはコチラ

関連記事

adtech_sn3

アドテック東京2015レポート:EC業界トッププレイヤーのキーワードとは!?【2】

EC担当視点でのアドテック 前回ばかり主にデジタルマーケティングの本質的なキーワードを

記事を読む

manegement

厳しいことが言えなければ、マネジメントをしては失格。

うちのBOSSからも口酸っぱく言われることです。 厳しいことが言えなければ、マネジメントを

記事を読む

adtechtokyo_s

アドテック東京2015レポート:デジタルマーケティングの本質的キーワードが続出!【1】

初参加・初登壇のレポート 今回、「アドテック東京2015」の公式スピーカーとして参加さ

記事を読む

GROWTH02

EC成長に必要な3つの条件:WEB売上アップの決め手はEC部門の人材【連載2/4】

急成長するEC事業には「共通する人材」がいる。 前回に引き続き、「EC事業の成長に必要

記事を読む

referee

ゾエは、こうやって周りのルールを変えていく。

ルールが変わるのを待つ側か、ルールを変える側になるか。どっちにいきたいか。どちらでいたいか。

記事を読む

ec-assess

事業の危険度を見極める1つの方法:ECから全社の状況をチェック

ECの成長率、EC化率に満足するのは危険。 昨今、ECが1つのビジネストレンドになって

記事を読む

sakamotoryoma

ECの成長は「行動」に尽きる:清濁併せ呑めるか?

EC事業は正論では通用しない!行動あるのみ。 本ブログでご紹介した「EC成長に必要な3

記事を読む

GROWTH03

EC成長に必要な3つの条件:EC事業は経営判断【連載3/4】

EC急成長の企業には「理解と決断力のある経営者」がいる。 前回に引き続き、「EC事業の

記事を読む

GROWTH01

EC成長に必要な3つの条件:売上2倍以上のアップは可能【連載1/4】

急成長するEC事業には「共通する理由」がある。 2013年度の国内B2CのEC市場規模

記事を読む

adtech_sm3

アドテック東京2015レポート:情報収集だけでなく行動すべし【3】

アドテック東京2016行きますか? 初回は主にデジタルマーケティング、前回は主にECの

記事を読む

  • プロフィール
    ■株式会社メガネスーパー
    デジタル・コマースグループ ジェネラルマネジャー
    ■デジタルハリウッド オンライン講師
    ■文化服装学院 非常勤講師
    ■LINE大使(自称)
    ECzine連載中 
    これまで2社にわたりEC事業の売上を短期間で約2倍にしてきました。
    ≫ プロフィール詳細・お問い合わせはコチラ

    FOLLOWTwitter Facebook instagram
    PAGE TOP ↑