*

コンプレックスこそ大事でしょ!それが成長のバネになる。

公開日: : 最終更新日:2017/08/26 ゾエのブログ


私はビジネスにおけるコンプレックスを持つことは重要だと思う。

complex

特に、ECやオムニチャネルは乗り越えなきゃいけないハードルがたくさんある。その1つの1つを乗り越えていくには、エネルギーや馬力のあるエンジンが必要になってくる。
エネルギーになるものは、成果や評価、顧客の反応だったりする。
一方、成果を出したいとか、顧客により良いサービスを提供したいとか成し遂げたいと強く思えば思うほど、エンジンの馬力は上がる。もう1つ馬力をあげるのが、コンプレックスを乗り越えようとする反骨精神的なモノ

コンプレックス

全くネガティヴな意味ではないが、やはり、自社においてデジタル・コマースグループはマイナーだ。全スタッフ単位で見れば、自分に返ってくるインパクトが少ないからだろう。それを乗り換えるには、とにかく事業を大きくするか、日々の営業でなくてはならない存在にならなければならない。今はなかなか理解されなくても、理解しなきゃヤバいという状況にしていく。内面的には、こういうコンプレックスが根底にあり、自分のエンジンの馬力をあげてくれている。

eczine何でもやる

大切なことは、コンプレックスをネガティヴに捉えないこと。「何くそ!」で戦っていくこと。だから、私も「何でもやっている」んです(笑)。もし、いつもそう考えて疲れるなら、心を休めればいい

少なくともコンプレックスを持つことで卑下する必要はないでしょ。私は、人と話していて、その人がコンプレックスに感じていることを見つけた時に、人間らしさを感じます。

 

▼NewsPicksで情報配信中
NewsPicksプロフィール >

▼ソーシャルメディアでブログ更新情報配信中
友だち追加数
Twitter  Facebook  instagram


The following two tabs change content below.
川添 隆

川添 隆

デジタル・コマースグループ ジェネラルマネジャー株式会社メガネスーパー
NewsPicksプロピッカー、デジタルハリウッドオンライン講師、文化服装学院 非常勤講師、日経デジタルマーケティング連載、ECzine連載、LINE大使(自称) ||| メガネスーパーのEC事業、オムニチャネル推進、デジタルマーケティング・コミュニケーション、デジタルを活用した店舗支援を統括し、他社のEC・オムニチャネルのコンサルティングにも従事。これまではファッション・アパレルに従事し、現職含め2社にわたりEC事業の売上を短期間で約2~3倍にしてきました。 ≫ プロフィール詳細・お問い合わせはコチラ

関連記事

sad

これは職業病かも。EC・WEB・デジタルマーケティング担当は要注意。

先週は木曜夜から疲労の蓄積で首が固まり、今週は水曜夜から大きな腹痛に襲われた。 やはり

記事を読む

conversation

日ごろ「話す機会がないネタ」も、誰かにとっては役立つならばブログで発信。

日常に追われると、ふと気づくと「話す機会がないネタ」が溜まっていく。 自分自身が仕事で

記事を読む

bronze

団体銅メダル!アドテック東京2016人気ランキングで3位になりました。

速報です。団体銅メダルを獲得しました!!! 2016年9月20日・21日に開催されたア

記事を読む

adtech_kawazoe

セルフブランディングは、企業ブランディングの縮小版!?

私が積極的にECやオムニチャネルのPRをしている理由。 先日の村山らむねさんのインタビ

記事を読む

adtech2016_session

2016年は情報発信しまくったが、これからも発信し続ける。

2016年も残り数時間。2016年は、川添隆、当ブログともども大変お世話になりました。

記事を読む

tsuch

日本の小売業復権のためには人材育成が必要なのでは?

小売業界は慢性的に人材不足と方々から聞きます。募集してもなかなか、応募もしてくれない。

記事を読む

B-7_ja

アドテック東京2017でWEB接客について語りまくる

次週10/18(水)にad:tech tokyo 2017(アドテック東京2017)で登壇します。

記事を読む

message

部下は「うまく上司を使い倒せるか」が成長の鍵:部下時代の動き方(1)

事業責任者を経験して丸5年。こんな上司になりたくないなと思っていた人になっていないか、いつもヒヤヒヤ

記事を読む

loss

深夜のコンビニは、ホットスナックで売上を逃してないか?

深夜のコンビニは、ホットスナックで売上を逃してないか? ローソン揚げ物 そろそろ、みなさんが飲

記事を読む

posting

関係者にオーナーシップを持ってもらうのは、自分のそれより遥かに難しい。

いつもの「〇〇って難しい」編です。 もちろん、私はオーナーシップをもってポスティングも

記事を読む

    PAGE TOP ↑